フォト
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 限界… | トップページ | 生まれながらの疾患 ~その2~ »

2014年1月17日 (金)

生まれながらの疾患 ~その1~

今日は、ちょっと監督について書こうと思います。

本当は、精神的に記事にするのは辛いのですが、これも事実だし

自分の日記としてブログを書いている事もあり、きちんと文字で

残しておくことにしました。

退院前日の検診の時、初めて聞かされたのですが、実は監督の心臓から

雑音がすると言われました。



先生から「雑音があること、聞いてた?」と言われ、寝耳に水の事で

私は「いいえ」と答えるのが精一杯でした。



「多分だけど、心臓に穴があいてるんだと思う。

1ヶ月検診まで待って、その後詳しい検査を受けても良いと思うけど、

気になるなら紹介状書くので、小児科専門医がいる病院で診てもらっても

いいと思う。どうする?」

と先生に言われ、私は「すぐに調べてもらいたいので、紹介状書いて下さい」

とお願いしました。



退院検診が12月27日で、病院が年末年始でお休みになってしまうこともあり、

なかなか検査してもらえる病院が決まらずにいましたが、幸いにも自宅近く

に循環器専門の病院があり、産院の先生がそこに予約を取って下さいました。





検診後、放心状態で病棟のナースステーションで預かってもらっていた監督を

お迎えに行き、病室へ戻りました。







心臓に雑音?

穴があいてるだろう???




それって、どういう事?

ひどいの?

監督、生まれたばかりなのに、心臓に悪いところがあるの?

なんで???




その瞬間まで、あまり母性を感じていなかった私ですが、流石に生命維持の

要である心臓に問題があると言われ、色々な感情が込み上げてきました。



私が、妊娠中にこの子に対して良く思えなかった事が悪かったのだろうか?

とか自分を責めてみたり、寝ている監督の顔を見ていると、「こんなに小さい

身体なのに、生まれつき疾患があるなんて何で??」と思ったり。。。

 

気がついたら、病室で一人、泣いてました。





診察の時の私の様子を見てか、看護師さんが私の様子を見に来てくれました。

泣いてる私を見て、

「いきなりの事でビックリしたよね。でも、新生児の心雑音ってよくあるし

そんなに心配しなくても大丈夫だよ。穴が開いてる子も何人も見てきたけど

自然治癒してる子も多いから」

と言ってくださいました。

その後も他の看護師さん達が、何人も同じように様子を見に来てくれて、皆さん

一様に私を励ましてくれました。



新生児の心雑音はよくある。

自然治癒した子もいる。

今心配するより検査終わってから心配すればいいと言われましたが、

正直心配しないなんて無理でした。

だって、心臓ですよ…。

心配するな、気にするなって方が無理でしょ。




五体満足な子供が出てきてくれればいいと思っていましたが、こんな事に

なるなんて…。





退院前日、一人病室で泣いた私ですが、なんとか気持ちを切り替えて

年末年始はこの事はあまり考えずに過ごそうと思いました。

急にこんな事実を告げられて、どうしていいのか解らず泣く事しかできない

自分が、嫌になりました。

大丈夫とどれだけ周りの人に言われても、大丈夫と思えない。

そう考えたいけど、心底考えることができない。




彼にも報告しました。


彼は、「大丈夫だよ、治るよ。自分達がそう信じないとダメだ」

と言ってくれました。

解っているけど。。。




病室のベビーベッドで寝ている監督を見ていると、病気だって思えない

監督の心臓に問題があると思うと、眠っているこの子の顔をみているだけで

涙が出てくる。

泣きながら、慣れない手つきで監督をぎゅっと抱きしめました。

何で、こんな事に。。。この子は、まだ生まれたばかりなのに。





もっと大きな病院で妊婦健診を受けていれば、もっと早くに解ったのか?、

妊娠した時から、あまり喜べて無かった事に神様が怒ったのかもしれない

とか、答えが出ない問題ばかり考えてしまって。



何故、こんなにも涙が出てくるのか自分でも解らない位、色んな感情が

湧き出してきて、もう自分ではコントロールできずにいました。

正直、検査を終えた今でも、感情が不安定です。

泣きたい訳ではないのに、急に涙が出てきます。

この記事を書いている今も、涙が止まりません。

私としては、平常心でいるつもりですが、心の中は違うようです。






病院での検査は1月7日。

長くなるので、この日の事は、次回に記載しようと思います。





今日も最後まで読んでくれてありがとう!

 

« 限界… | トップページ | 生まれながらの疾患 ~その2~ »

BABY」カテゴリの記事